風俗で体験した話
  
お勧めサイト
フリースペース
      
 

風俗体験談掲載しています。

まずは女の子を守るということが大前提となります

ホテヘルに限らず風俗店が酔客を嫌う主な原因としては本番の強要ですね。誰でも経験はあると思いますが、酔ってしまうと気が大きくなります。これは男性であれば仕方のないことかもしれません。飲酒運転では大きな罰則がありますが、風俗にはそのような罰則はありません。逆にちょっとお酒が入っていたほうがより大きな快感を得られるという人もいるでしょうし、どれだけ飲んでも正気を保っていられるという人もいることでしょう。結局最後は、この程度なら大丈夫だろうという判断の下で利用してもらうことになります。そういった意味ではデリヘルがある意味自己申告であるのに対して、ホテヘルは経営者である渡した受け付けの際にチェックしますし、泥酔していると問答無用なのですが、多少ろれつがまわらない場合などもお断りしています。やっぱりちょっとしたことでもリスクを背負いたくはないというのが本音なのです。もちろん女の子を守るのが大前提です。

親近感のある女性との楽しい一日

女性に対してはどうしても正面から見れないというか、綺麗な女性を目の前にすると自分なんか相手にしてもらえないだろうなって思いがよぎってどうしても緊張してしまうんです。でもこの前交際クラブで紹介してもらった杏実は美人ではあったんですけど、とっても気さくな性格のおかげで親近感が湧きました。それに、緊張もせずに会話を楽しむ事が出来ました。雰囲気云々じゃなくて、どんな会話を楽しめるのかっていうのが大切なんだなって事に気づかされましたよね。一緒に映画の話をしたり、ウィンドウショッピングであれやこれやと話をしたりっていうのは、カップルにとっては当たり前の話かもしれないですけど、自分にとっては当たり前じゃない話ですから緊張したんですよ。でもその緊張感というかドキドキ感っていうのはとっても充実していたというか。その日一日がとっても楽しかったのは言うまでもないですけど、連絡先を交換したので、これからも楽しい日々になりそうです!

オナクラで性癖が変わった!

オナクラに行き始めてから性癖が変わったんじゃないかなって思うんですよ。劇的にっていうか、それまではどちらかと言えば「何をしてもらおう」みたいな感じだったんですよ。風俗に行っても「今日はあれをしてもらおうかな」みたいな。でもオナクラに通うようになってから自分から楽しみたいって思えるようになりました。オナクラの場合、待っているだけじゃ何も生まれないんですよ。だから何かしてもらうのを期待しているってスタンスじゃなくて、積極的にあれこれ楽しみたいって思っている人の方が向いているんじゃないかなと。それもあって、自分もオナクラに通うようになって性欲に対してアグレッシブになったような気がします(笑)この前行った時も、「どうやって女の子を驚かせよう」みたいに思っている自分がいました。驚かせる事でこっちの自尊心だとか性欲だとかを満たす事が出来るというか。まぁ特殊なジャンルかもしれないですけど、それがまた楽しいんですよ(笑)